TAKEBUN-WP

Just another WordPress site

Mac OS Xのアドレスブック

| 1件のコメント

アドレスブックとiPhone

 Mac OS Xのアドレスブックはあまり重視していなかったけど、iPhoneを使うようになって見方が変わった。アドレスブックと連絡先が完全に同期できることは、普通の携帯とPCとに比べて格段に強力である。普通の携帯の電話帳件数が500件だ1000件だ、分類も20グループとかは無意味だ。iPhoneは基本的に無制限である。アドレスブックに登録したものがそのままグループも含め登録できる。いつでもMACと同じ内容が携帯できる訳である。

アドレスブックとメール仕分け

 アドレスブックのグループはメールの仕分けに使える。これは便利である。これまではメールのルールで差出人のアドレスで直接仕分けしていたけど、仕分けができるだけのことで何処のメールを受信しているか容易に把握できないでいた。それで、受信メールアドレスをアドレスブックの個人カード、会社カードに登録するようにした。個人カードでもプライベートと会社、会社カードでもいくつかの組織、と複数アドレスを登録した。通常のルールではカード単位では1アドレスしか仕分けしないが、カードをグループに登録して、「差出人が特定のグループ内のメンバである」ルールを使うと、グループ内の全カードのカード内全アドレスで仕分けが可能になる。逆に言うと、仕分けフォルダとグループが完全に対応する。

アドレスブックの改善

■会社カードにしたとき、会社名の先頭がひらがな、カタカナ、アルファベットでは問題ないが、漢字ではソートができない。今は先頭にひらがなを1文字付けているが本質的な解決ではない。「会社名の読み」が必要。
■個人カードのリストに会社名を表示して会社順のソート機能が必要。
■グループの活用に対して、管理を容易にするため、階層管理機能が必要。
■カードにも「差出人が特定のカード内のメンバである」ルールが必要。

Similar Posts:

1件のコメント

  1. あ、なるほど…会社名は原則的に並べ替えに反応しないのですね…
    それは意外!やっぱり純正アメリカ製品ってことなのかしら…
    でもそれでは正直困りますよね ( ̄× ̄)b゛NG!!

コメントを残す

必須欄は * がついています